海外競馬、レーティング

日本馬の海外遠征、レーティング、次走情報など

天皇賞・春2021 予想レーティング

天皇賞・春は淀みない流れで引き締まった好レースになりました。予想レーティングは以下の通りです。

1着 120(118)ワールドプレミア
2着 119(113)ディープボンド   3/4
3着 113(119)カレンブーケドール  2
4着 117(117)アリストテレス   アタマ
5着 110(111)ウインマリリン   2 1/2
6着 114(105)ディアスティマ   クビ
※括弧内はプレレーティング

過去10年のレーティングは以下の通りです。2020 118 フィエールマン
2019 119 フィエールマン
2018 118 レインボーライン
2017 121 キタサンブラック
2016 117 キタサンブラック
2015 117 ゴールドシップ
2014 117 フェノーメノ
2013 121 フェノーメノ
2012 117 ビートブラック
2011 117 ヒルノダムール

3000m以上は
・メンバーが比較的手薄
・スローペースで着差がつかない
・なのに1馬身差=レーティング差1(マイルなら半馬身差=レーティング差1)
といった理由からレーティングが低くなりがちです。

フィエールマンなど過去の勝ち馬との比較を重視し、ワールドプレミアのレーティングをプレレーティングと同じ118とする可能性もありますが、レーティングの高い馬がしっかり上位に入ったので、過去10年で最高の121近くつけることが可能です。

アリストテレスとウインマリリンの着差が2馬身1/2でしたが、3200mにおける2馬身1/2のレーティング差は2か3です。プレレーティングの差の2と近いので基準とするには自然であり、アリストテレスを基準に上記の予想としました。勝ち馬ボーナスをつければワールドプレミアを121とすることも可能です。

持続化給付金不適切受給問題から複雑な思いの方もいるでしょうが、ワールドプレミアはすばらしい競馬を見せてくれました。

上位陣が宝塚記念に向かえば以下の通り過去最高とも言えるすごい宝塚になりそうで、今から楽しみで仕方ありません。

レイパパレ
クロノジェネシス
コントレイル
デアリングタクト
ラヴズオンリーユー
キセキ
グローリーヴェイズ
ヒシイグアス
ワグネリアン
モズベッロ
ワールドプレミア
ディープボンド
レンブーケドール
アリストテレス
ウインマリリン
ユーキャンスマイル
ポタジェ
グロンディオーズ
ステイフーリッシュ

【皐月賞2021】エフフォーリアのレーティングは120

皐月賞の公式レーティングが公表されました。
2021年4月GⅠ 重賞競走・オープン特別競走レーティング JRA

1着 120(113) エフフォーリア
2着 114(112) タイトルホルダー   3
3着 113(113) ステラヴェローチェ クビ
4着 113(108) アドマイヤハダル  クビ
5着 112(112) ヨーホーレイク   クビ
6着 111(110) グラティアス    1/2
※括弧内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2020 120 コントレイル
2019 119  サートゥルナーリア
2018 118 エポカドーロ
2017 118 アルアイン
2016 120 ディーマジェスティ
2015 119 ドゥラメンテ
2014 117 イスラボニータ
2013 117 ロゴタイプ
2012 117 ゴールドシップ
2011 118 オルフェーヴル

エフフォーリアの120は予想通りで、コントレイルとディーマジェスティと並ぶ過去最高の高評価。

2000mのクビ差はレーティング差0の場合と1の場合があるので、その部分で予想とずれが生じました。ステラヴェローチェとヨーホーレイクはプレレーティングと一致しています。2000mの3馬身のレーティング差は5なので勝ち馬ボーナスは1です。

エフフォーリアはコントレイルに続いて無敗の三冠の可能性も感じられるほどの強さでした。レースぶりからはダービーの舞台こそ向いていそうなので不動の本命として本番を迎えそうですね。

ソダシと並びオークスの最有力馬だったサトノレイナスがダービーに回ることになりました。今年はエフフォーリアがいるので勝つのは簡単ではないと思いますが、牝馬の方が強い時代なので勝っても全く驚きはありませんね。種牡馬ビジネスを重視するノーザンファーム系のクラブの牝馬がダービーに出走することはあまりないかもしれませんが、今後は名誉も賞金も段違いのダービーを選ぶ馬が増えるかもしれません。

ダービーの賞金ボーダーが高いのでグレートマジシャンが出られるか微妙なのが心配ですね。

明日は香港チャンピオンズデーです。ゴールデンシックスティの出るチャンピオンズマイルに日本馬が出ないのは残念ですが、クイーンエリザベスⅡ世カップもチェアマンズスプリントプライズも1番人気なので2勝を期待しています。馬券的には、ダノンスマッシュが一本かぶりになるでしょうから、香港馬から勝った方が妙味がありそうですが、混戦すぎてどの馬が来るか全くわかりません。

皐月賞2021 予想レーティング

横山武史騎手のすばらしい騎乗に導かれてエフフォーリアが3馬身差で無敗のクラシック制覇を達成しました。予想レーティングは以下の通りです。

1着 120(113) エフフォーリア
2着 114(112) タイトルホルダー   3
3着 114(113) ステラヴェローチェ クビ
4着 113(108) アドマイヤハダル  クビ
5着 113(112) ヨーホーレイク   クビ
6着 112(110) グラティアス    1/2
※括弧内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2020 120 コントレイル
2019 119 サートゥルナーリア
2018 118 エポカドーロ
2017 118 アルアイン
2016 120 ディーマジェスティ
2015 119 ドゥラメンテ
2014 117 イスラボニータ
2013 117 ロゴタイプ
2012 117 ゴールドシップ
2011 118 オルフェーヴル

3馬身差、無敗のほか、フロックではなく前走も強かったので過去最高タイの120と予想します。プレレーティングとの一致を優先させるなら全体的に1下げるところですが、そうするとエフフォーリアが119になってしまいます。

2000mの3馬身のレーティング差は5なので既に勝ち馬ボーナスを1つけています。これ以上勝ち馬ボーナスをつけることはなかなかないので、エフフォーリアを120にすることを優先して全体的に1上げました。

成長途上の3歳馬ですし7着くらいまでは各馬とも自身の過去最高の走りを更新したと考えてもそれほど違和感はないかなと思います。

エフフォーリアはコントレイルに続いて無敗の三冠の可能性も感じられるほどの強さでした。レースぶりからはダービーの舞台こそ向いていそうなので不動の本命として本番を迎えそうですね。

来週は香港のチャンピオンズデーがあります。ゴールデンシックスティの出るチャンピオンズマイルに日本馬が出ないのは残念ですが、クイーンエリザベスⅡ世カップもチェアマンズスプリントプライズも1番人気なので2勝を期待しています。

【桜花賞2021】ソダシのレーティングは115

桜花賞の公式レーティングが公表されました。
2021年4月GⅠ 重賞競走・オープン特別競走レーティング JRA

1着 115(112) ソダシ
2着 114(111) サトノレイナス   クビ
3着 113(105) ファインルージュ   1/2
4着 112(106) アカイトリノムスメ クビ
5着 106(105) アールドヴィーヴル  3
6着 106(105) ククナ       クビ
※括弧内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2020 115 デアリングタクト
2019 116 グランアレグリア
2018 115 アーモンドアイ
2017 112 レーヌミノル
2016 112 ジュエラー
2015 112 レッツゴードンキ
2014 113 ハープスター
2013 110 アユサン
2012 110 ジェンティルドンナ
2011 110 マルセリーナ

各馬とも予想より1高い結果となりました。無傷の5連勝で阪神ジュベナイルフィリーズからのGⅠ連勝ですしタイムも速かったですが、ここ3年の歴史的名馬たちほどの着差をつけなかったことや、5着馬と6着馬を基準にするとちょうど良い水準になるので、ソダシは114と予想しましたが、着差の割に高い評価と言えます。

プレレーティングと今回のレーティングが一致する、いわゆる基準馬はいません。4着までの着差が小さいため4着馬までのレーティングが高く、レースレーティングは113.50と、そのレースで獲得したレーティングによるレースレーティングとしては桜花賞史上最高で、ファイナルレーティングによるレースレーティングもおととしの113.00が最高だと思われるので、桜花賞史上最高だと思われます。

牝馬アローワンスを加味すると今年の日本馬のレーティング順は以下の通り。
122(118) レイパパレ
121(117) クロノジェネシス
120(116) ラヴズオンリーユー
119(115) ソダシ
118(114) サトノレイナス
117(113) ファインルージュ、ダノンスマッシュ、チュウワウィザード

5位までが牝馬で6位タイにやっと牡馬が入っています。さすがにファインルージュとダノンスマッシュとチュウワウィザードが同じというのは違う気がしますが、今年も牝馬の年になりそうですね。

ソダシはこのまま競馬や日本の枠を超えたスターになってほしいですが、クロフネ産駒なのでオークスは距離の不安がありますね。それにしても金子オーナーはすごすぎますね。

ますますぶっつけが増えていきそうな結果が続いていますね。JRAはステップレースを少なくとも中3週以上空けるように番組編成を見直さざるを得ないのではないでしょうか。

桜花賞2021 予想レーティング

白毛馬ソダシが無傷の5連勝でGⅠ2勝目を挙げました。予想レーティングは以下の通りです。

1着 114(112) ソダシ
2着 113(111) サトノレイナス   クビ
3着 112(105) ファインルージュ   1/2
4着 111(106) アカイトリノムスメ クビ
5着 105(105) アールドヴィーヴル  3
6着 105(105) ククナ       クビ
※括弧内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2020 115 デアリングタクト
2019 116 グランアレグリア
2018 115 アーモンドアイ
2017 112 レーヌミノル
2016 112 ジュエラー
2015 112 レッツゴードンキ
2014 113 ハープスター
2013 110 アユサン
2012 110 ジェンティルドンナ
2011 110 マルセリーナ

無傷の5連勝で阪神ジュベナイルフィリーズからのGⅠ連勝ですしタイムも速いですが、ここ3年の歴史的名馬たちほどの着差をつけなかったので、ソダシは114くらいが妥当かなと思います。

アールドヴィーヴルかククナを基準にするとちょうどそれくらいの水準になります。クビ差はレーティング差にすると0.5なので、3着と4着の間に差をつけなかったり5着と6着の間に1の差をつけたりするかもしれません。

ソダシはこのまま競馬の枠を超えたスターになってほしいですが、クロフネ産駒なのでオークスは距離の不安がありますね。それにしても金子オーナーはすごすぎますね。

ますますぶっつけが増えていきそうな結果が続いていますね。JRAはステップレースを少なくとも中3週以上空けるように番組編成を見直さざるを得ないのではないでしょうか。

皐月賞はエフフォーリアが一番強いかなと思いますが、他の馬の巻き返しはあるでしょうか。

クイーンエリザベス二世カップ2021 ブックメーカーオッズ

4月25日に開催される香港チャンピオンズデーの選出馬が4月8日に発表されました。

メインレースのクイーンエリザベスⅡ世カップは日本馬4頭と香港馬5頭の9頭です。ヒシイグアスも招待を受諾していましたが、選出馬に入っていないということは何らかの理由で回避することとなったのでしょうか。13連勝中のゴールデンシックスティはチャンピオンズマイルに回る予定なので、この距離であれば日本馬が優位でしょう。

ブックメーカー(bet365)オッズは、1番人気から4番人気までを日本馬が占めています。地元のエグザルタントとフローレが4番人気タイです。

地元の最重要前哨戦である2月21日の香港ゴールドカップ(GⅠ)は1着ゴールデンシックスティ、2着フローレ、3着エグザルタント、4着グロリアスドラゴン、5着タイムワープでした。

また、4月5日の2000mのハンデ戦では、トップハンデのグロリアスドラゴンが快勝。タイムワープが6着、シェファーノは最下位の9着に終わりました。

チェアマンズスプリントプライズは日本馬1頭と香港馬12頭の13頭が選出されました。スプリント王国の香港ですが人気が予想されたクラシックレジェンドとホットキングプローンが回避となり、ダノンスマッシュが圧倒的1番人気です。

地元の最重要前哨戦である4月5日のスプリントカップ(GⅡ)は人気薄のアメージングスター、ストロンガーが1着、2着となり、1番人気のウェリントンが5着に敗れ、香港のスプリント路線は大混戦です。

また、1月24日のセンテナリースプリントカップ(GⅠ)は、3着ビッグパーティー、4着ヴォイッジウォリアー、5着コンピューターパッチ、6着ファットタートル、8着ウィッシュフルシンカー、9着ストロンガー、10着ジョリーバナー、11着アメージングスターでした。

チャンピオンズマイル安田記念まで中5週という時期が嫌われて日本馬は招待受諾馬なしで、ゴールデンシックスティが1.5倍と圧倒的1番人気です。

クイーンエリザベスⅡ世カップ
オッズ 馬名 前走
2.1 デアリングタクト 金鯱賞2着
5.0 グローリーヴェイズ 金鯱賞4着
5.0 ラヴズオンリーユー ドバイシーマクラシック3着
10.0 キセキ 金鯱賞5着
10.0 エグザルタント 香港ゴールドカップ3着
10.0 フローレ 香港ゴールドカップ2着
21.0 グロリアスドラゴン 4/5ハンデ戦1着
67.0 タイムワープ 4/5ハンデ戦6着
67.0 シェファーノ 4/5ハンデ戦9着

チェアマンズスプリントプライズ
オッズ 馬名 前走
2.1 ダノンスマッシュ スプリンターズS1着
8.0 ウェリントン スプリントカップ5着
8.0 アメージングスター スプリントカップ1着
10.0 ストロンガー スプリントカップ2着
11.0 コンピューターパッチ スプリントカップ6着
13.0 スカイフィールド スプリントカップ9着
13.0 ビューティーアプローズ スプリントカップ3着
17.0 ラタン 香港スプリント3着
21.0 ウィッシュフルシンカー スプリントカップ4着
34.0 ジョリーバナー センテナリースプリントカップ10着
34.0 ビッグパーティー スプリントカップ8着
34.0 ヴォイッジウォリアー スプリントカップ7着
67.0 ファットタートル スプリントカップ10着

【大阪杯2021】レイパパレのレーティングは118

大阪杯の公式レーティングが公表されました。
2021年4月GⅠ 重賞競走・オープン特別競走レーティング JRA

1着 118(107) レイパパレ
2着 115(112) モズベッロ     4
3着 114(124) コントレイル   3/4
4着 110(121) グランアレグリア クビ
5着 112(119) サリオス     1 1/4
6着 109(116) カデナ      1 3/4
※括弧内はプレレーティング

予想より1~2低い結果となりました。
GⅠ昇格後の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2020 116 ラッキーライラック
2019 118 アルアイン
2018 121 スワーヴリチャード
2017 121 キタサンブラック

レイパパレの118は牝馬アローワンスを加えると122で過去最高の評価です。

基準馬がいないので数値の根拠を分析するのは難しいです。しかも今回は同日にワールドレースホースランキングが公表されたため、海外のハンデキャッパーとの調整による修正が入っている可能性がありなおさら事情が複雑です。

通常であればJRAのハンデキャッパーによるレーティングがレース後の木曜日に公表され、その後のワールドレースホースランキング公表の際に海外のハンデキャッパーと調整が行われ、場合によっては修正されます。

レイパパレを高く評価する根拠としては、
・4馬身差の圧勝
・3~5着に高レート馬が入った

低く評価する根拠としては
・道悪の逃げ切りという特殊なレース
・プレレーティングが107と低い
・これまでGⅢまでしか出走したことがない
・モズベッロのプレレーティングが112と低い
があります。

どの馬のプレレーティングを基準にしてもちょうど良いレーティングにならないため、どのくらいの水準にすべきかハンデキャッパーも迷ったと思います。

昨年のグランアレグリアやクロノジェネシスの121まで現段階でつけるのは早計ですし、モズベッロにおととしのアルアインと同じ118をつけるのは高過ぎなので、レイパパレ120、モズベッロ117が上限で、サラキアが119ならレイパパレは上限の120までつけるべきだろうというのが私の予想でしたが、昨秋の高レートラッシュで感覚が麻痺して若干高めの予想ではあったかもしれません。

ただ、今後のレイパパレやモズベッロの活躍次第で上方修正される可能性は十分にあります。

レイパパレ118、モズベッロ115の根拠はわかりません。牝馬アローワンスを加えると122で現在世界一のミシュリフと並ぶことや、115はキセキの昨年のレーティングと同じであり、その辺りを上限として意識した可能性がありますが、これは私の憶測に過ぎません。

レイパパレは前進気勢が強すぎて一線級相手に2000mは若干長いのではないかという不安もありましたが、阪神内回りの2000mの道悪でこの強さなら、宝塚記念も向いていそうです。

コントレイル、モズベッロの次走は宝塚記念と報道されていますし、クロノジェネシスも国内なら宝塚でしょう。クイーンエリザベスⅡ世カップ組、天皇賞組、トライアル組も集結すれば宝塚は以下の通りすごいメンバーになりそうなので、今から楽しみです。

レイパパレ
クロノジェネシス
コントレイル
デアリングタクト
キセキ
グローリーヴェイズ
ヒシイグアス
ワグネリアン
モズベッロ
レンブーケドール
ワールドプレミア
アリストテレス
ディープボンド
ウインマリリン
ユーキャンスマイル
オーソリティ
ポタジェ
グロンディオーズ
ステイフーリッシュ