海外競馬、レーティング

日本馬の海外遠征、レーティング、次走情報など

【宝塚記念2022】タイトルホルダーのレーティングは124

宝塚記念の公式レーティングが公表されました。
2022年6月GⅠ 重賞競走・オープン特別競走レーティング JRA

1着 124(121) タイトルホルダー
2着 120(117) ヒシイグアス     2
3着 113(115) デアリングタクト   2
4着 117(121) ディープボンド    ハナ
5着 114(111) マイネルファンロン 1 3/4
※カッコ内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2021年 120 クロノジェネシス
2020年 121 クロノジェネシス
2019年 121 リスグラシュー
2018年 119 ミッキーロケット
2017年 122 サトノクラウン
2016年 116 マリアライト
2015年 120 ラブリーデイ
2014年 124 ゴールドシップ
2013年 124 ゴールドシップ
2012年 127 オルフェーヴル

タイトルホルダーは予想通り、他の馬は予想より1低い結果となりました。

タイトルホルダーが天皇賞・春で獲得した121が今年の日本馬の最高値でしたが、それを大幅に更新しました。世界全体でも6月9日に発表されたランキングではバーイードの125が1位だったので、2位タイに相当します。

ヒシイグアスの120もシャフリヤール、ドウデュース、ソダシ(牝馬で116)と並ぶ2位タイの数値です。

タイトルホルダーは横山和騎手でドウデュースと同じく直行で凱旋門賞へと報道されていますが、ドウデュースは札幌記念をたたく可能性があるようです。

宝塚記念直後に各ブックメーカーは、タイトルホルダーの凱旋門賞の前売りについて、6番人気前後に評価を上げましたが、現在はさらに評価が上がって9倍~13倍の5番人気前後になっており、古馬の中ではハリケーンレーンと並んで1番人気です。

エフフォーリアはやはり天皇賞・秋を目標とするようです。オーソリティは骨折、アリーヴォは軽度の球節炎ということで、早く復帰できることを祈っています。

芝の大きなレースは札幌記念までありませんが、札幌記念には以下の通り今年も豪華メンバーが集まる予定です。他にドウデュースも出走する可能性があるようです。
ソダシ
グローリーヴェイズ
ユーバーレーベン
マカヒキ
ジャックドール
ウインマリリン

海外競馬は夏も大レースが続きます。今週はエクリプスステークスサンクルー大賞があります。エクリプスステークスでいよいよ3歳馬と古馬が対戦します。今年の欧州の3歳馬はレベルが高そうですが、凱旋門賞を占う意味でもヴァデニ、ネイティブトレイルが古馬相手にどんな競馬を見せるか注目です。

宝塚記念2022 予想レーティング

タイトルホルダーがハイペースの中、2番手から押し切ってレコードタイムで快勝しました。予想レーティングは以下の通りです。

1着 124(121) タイトルホルダー
2着 121(117) ヒシイグアス     2
3着 114(115) デアリングタクト   2
4着 118(121) ディープボンド    ハナ
5着 115(111) マイネルファンロン 1 3/4
※カッコ内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2021年 120 クロノジェネシス
2020年 121 クロノジェネシス
2019年 121 リスグラシュー
2018年 119 ミッキーロケット
2017年 122 サトノクラウン
2016年 116 マリアライト
2015年 120 ラブリーデイ
2014年 124 ゴールドシップ
2013年 124 ゴールドシップ
2012年 127 オルフェーヴル

ヒシイグアスのレーティングが昨年は117、今年は115と低いため、全体的に低めのレーティングも高めのレーティングも考えられ、今年のレーティング予想で一番難しいかもしれません。

プレレーティングとの一致を重視するなら、ヒシイグアスを117、マイネルファンロンを111にすると、ディープボンドも今年の2走で記録した114となり、タイトルホルダーも勝ち馬ボーナスを1つけると、天皇賞と同じ121になります。

ただ、タイトルホルダー、ヒシイグアス、マイネルファンロンは、過去最高のパフォーマンスと言えると思うので、もう少し高いレーティングをつけたいところです。

ディープボンドを昨年の天皇賞・春2着やフォワ賞と同じ118にすると、上記の通り全体的にちょうどいい数値になるかなと思います。

タイトルホルダーは横山和騎手でドウデュースと同じく直行で凱旋門賞へと報道されています。今年の欧州の3歳馬は強そうですが、横山和騎手のタイトルホルダーが逃げて、武豊騎手のドウデュースが差せば、どちらかはいけるんじゃないかと期待してしまいます。

宝塚記念の快勝を受けて各ブックメーカーでは、タイトルホルダーの凱旋門賞の前売りについて、12~16倍の6番人気くらいまで評価を上げました。

ヒシイグアスは昨年と同様、天皇賞・秋から香港カップに行けば、どちらかは勝てそうな気がします。デアリングタクトも見事復活したので、秋はどこかでまたGⅠが取れるかもしれません。

ディープボンドはジャパンカップから有馬記念とかでしょうか。4コーナーからあれだけ鞭を入れてもじりじり粘るあのレースぶりはたまらないですね。有馬記念あたり勝ってほしいところです。

エフフォーリアはハイペースが苦手なのか6着と微妙な結果でした。天皇賞・秋では昨年のような強い姿を見たいですね。

オーソリティ跛行のようですが大丈夫でしょうか。こちらも天皇賞・秋ジャパンカップあたりで悲願のGⅠ初制覇を見たいです。

パンサラッサとステイフーリッシュは、矢作厩舎がどういったローテーションを歩ませるのか楽しみです。

6月29日(水)はいよいよ帝王賞です。やはりテーオーケインズが最有力かなと思いますが、オメガパフューム、チュウワウィザードも衰え知らずなので、三強の激突にワクワクが止まりません。

【安田記念2022】ソングラインのレーティングは115

安田記念の公式レーティングが公表されました。
2022年6月GⅠ 重賞競走・オープン特別競走レーティング JRA

1着 115(112) ソングライン
2着 118(119) シュネルマイスター  クビ
3着 118(117) サリオス      アタマ
4着 117(115) セリフォス      1/2
※カッコ内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです
2021年 118 ダノンキングリー
2020年 121 グランアレグリア
2019年 118 インディチャンプ
2018年 118 モズアスコット
2017年 118 サトノアラジン
2016年 119 ロゴタイプ
2015年 117 モーリス
2014年 119 ジャスタウェイ
2013年 120 ロードカナロア
2012年 118 ストロングリターン

予想より1ポンド高い結果となりました。ファインルージュがヴィクトリアマイル5着の時と同じ112となっており、基準となっているかもしれません。

過去5年のうち4回の勝ち馬が118で、今年は僅差だったのでソングラインは114(牝馬アローワンスを加えると118)と予想しましたが、過去5年が低すぎただけと考えれば、115は決して過大な数値ではないかなと思います。

3歳馬が2年連続で掲示板に載りました。今後も安田記念に参戦する3歳馬が増えると競馬が盛り上がると思います。

ヴィクトリアマイル組はこれで5年連続の連対です。これからも今年のようにヴィクトリアマイルからの転戦組が増えるといいですね。

ソングラインの秋の目標はマイルチャンピオンシップブリーダーズカップマイルのようです。

ブリーダーズカップに出ると秋は国内GⅠに出られなくなってしまいますし、遠征のノウハウもあまりなく、好成績を挙げた馬もいなかったので、これまではあまり選択肢になっていませんでした。

しかし、マイラーの場合、天皇賞・秋マイルチャンピオンシップでもマイルチャンピオンシップ香港マイルでも中2週になるので、ラヴズオンリーユーがブリーダーズカップ→香港の連勝を達成したことで、今後はブリーダーズカップが現実的な選択肢になりそうですね。

ソングラインは阪神で2度も惨敗していますし、左回りを求めてブリーダーズカップに行く可能性もありそうです。

日本時間の明日朝5:43にアメリカでメトロポリタンハンデキャップ(通称メットマイル)があります。アメリカ最強と目されるフライトラインが初めてのマイルでもスピーカーズコーナー、アロハウエスト、ハッピーセイバーという強豪相手に圧勝できるのか楽しみです。

また、来週はロイヤルアスコット開催があります。今年はシャフリヤール、グレナディアガーズのほか、アメリカやオーストラリアから有力馬が参戦して国際色豊かです。

シャフリヤールやグレナディアガーズが結果を出せば、今後、日本馬の欧州遠征が増えると思うので、日本にはない起伏の激しいコースですが、天候も今のところは良さそうですし、好結果を期待しています。

安田記念2022 予想レーティング

安田記念は大混戦でしたがソングラインがGⅠ初制覇を果たしました。

1着 114(112) ソングライン
2着 117(119) シュネルマイスター  クビ
3着 117(117) サリオス      アタマ
4着 116(115) セリフォス      1/2
※カッコ内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです
2021年 118 ダノンキングリー
2020年 121 グランアレグリア
2019年 118 インディチャンプ
2018年 118 モズアスコット
2017年 118 サトノアラジン
2016年 119 ロゴタイプ
2015年 117 モーリス
2014年 119 ジャスタウェイ
2013年 120 ロードカナロア
2012年 118 ストロングリターン

過去5年のうち4回の勝ち馬が118です。今の安田記念の勝ち馬に117(牝馬は113)は低すぎる気がしますし、今年は僅差だったので119(牝馬は115)以上もつけにくいです。

よって、ソングラインは114くらいだと思いますが、サリオスを基準にするとちょうど114になるので、上記予想としました。

宝塚記念帝王賞は楽しみなメンバーですが月末まで空いてしまいます。ただ、今年は再来週のロイヤルアスコット開催にシャフリヤールとグレナディアガーズが出ます。特にシャフリヤールの出走するプリンスオブウェールズステークスは馬券発売がありますし、ブックメーカーでは2番人気なので楽しみです。

来週6月11日(土)にはアメリカでメトロポリタンハンデキャップ(通称メットマイル)があります。ともに前走GⅠを圧勝したフライトラインとスピーカーズコーナーの対決はわくわくして待ちきれません。

【日本ダービー2022】ドウデュースのレーティングは120

日本ダービーの公式レーティングが公表されました。
2022年5月GⅠ 重賞競走・オープン特別競走レーティング JRA

1着 120(116) ドウデュース
2着 119(117) イクイノックス    クビ
3着 116(114) アスクビクターモア  2
4着 116(115) ダノンベルーガ    クビ
5着 111(111) プラダリア      3
※カッコ内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2021年 120 シャフリヤール
2020年 122 コントレイル
2019年 119 ロジャーバローズ
2018年 119 ワグネリアン
2017年 120 レイデオロ
2016年 121 マカヒキ
2015年 121 ドゥラメンテ
2014年 119 ワンアンドオンリー
2013年 119 キズナ
2012年 118 ディープブリランテ

ダノンベルーガ以外は予想通りのレーティングでした。人気馬が上位を占めましたし、着差もそれなりについたので、プラダリアを基準にして、ドウデュースには平均的な勝ち馬につく120がつきました。

ダービー史上最高はディープインパクトの124で、それに次ぐのはオルフェーヴルとコントレイルの122ですが、ディープインパクトがレース直後につけられたレーティングは119、オルフェーヴルは120でした。その後に三冠を達成したり同世代の他馬が活躍したりして上方修正されたものです。

ドウデュースはぶっつけで凱旋門賞に向かうようです。斤量面で有利な3歳のうちに行けるのは楽しみですね。

レース後に故障判明が相次いでいます。ジオグリフ、マテンロウレオが骨折、イクイノックスが腱にダメージがあるとのことで心配です。

日本ダービー2022 予想レーティング

武豊騎手騎乗の朝日杯フューチュリティステークス馬ドウデュースが日本ダービーを快勝しました。予想レーティングは以下の通りです。

1着 120(116) ドウデュース
2着 119(117) イクイノックス    クビ
3着 116(114) アスクビクターモア  2
4着 115(115) ダノンベルーガ    クビ
5着 111(111) プラダリア      3
※カッコ内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2021年 120 シャフリヤール
2020年 122 コントレイル
2019年 119 ロジャーバローズ
2018年 119 ワグネリアン
2017年 120 レイデオロ
2016年 121 マカヒキ
2015年 121 ドゥラメンテ
2014年 119 ワンアンドオンリー
2013年 119 キズナ
2012年 118 ディープブリランテ

人気馬が上位を占めましたし、着差もそれなりについていて、目黒記念等と比べてタイムも早いので、ドウデュースのレーティングは121か120くらいが妥当かなと思います。

ダービー史上最高はディープインパクトの124で、それに次ぐのはオルフェーヴルとコントレイルの122ですが、さすがにそこまでは現段階ではつけられないかなと思います。

そもそもディープインパクトがレース直後につけられたレーティングは119でしたし、オルフェーヴルも120でした。その後に三冠を達成したり同世代の他馬が活躍したりして上方修正されたもので、ダービー直後の段階で122以上を獲得するにはコントレイルのように余程の突出したパフォーマンスを見せなければ難しいところです。

ダノンベルーガプラダリアを基準にするとドウデュースは120となり、全体的にもちょうどいい水準になるかなと思いますので、上記予想としました。

121までつけたいところで、プラダリアを基準にダノンベルーガ以上の馬をさらに1上げることも不可能ではありませんが、2400mにおける3馬身+クビ差のレーティング差は5ポンドなので、プレレーティングや着差との整合を重視するなら、現段階では上記予想とするのがベストかなと思います。

朝日杯フューチュリティステークス馬によるダービー制覇はナリタブライアン以来ということで、感慨深いものがあります。マイルでもクラシックディスタンスでもGⅠを勝った牡馬はディープスカイ以降いたでしょうか。2歳GⅠを勝つ仕上がりの早さがあり、ハーツクライ産駒ということもあって、種牡馬としても期待できますね。

キーファーズの松島オーナーによると秋は凱旋門賞に向かうとのことです。斤量面で有利な3歳のうちに行けるのは楽しみですね。

他にも宝塚記念に出走を予定しているタイトルホルダー、ディープボンド、パンサラッサ、ステイフーリッシュや、プリンスオブウェールズステークスの結果によって決めるであろうシャフリヤールも凱旋門賞に登録しており、今年も何頭か出走するかもしれません。

ペースが流れて後ろから行った馬が上位を占める中、「4強とは何だ、俺もいるぞ」という感じで皐月賞5着馬のアスクビクターモアが2番手から3着に粘り込むなど、なかなか面白いダービーでした。

タイム通りレベルの高い世代だと秋がさらに楽しめそうですが、どうでしょうかね。まずは、来週の安田記念でセリフォスがどこまでやれるか注目していきたいと思います。

【オークス2022】スターズオンアースのレーティングは115

オークスの公式レーティングが公表されました。
2022年5月GⅠ 重賞競走・オープン特別競走レーティング JRA

1着 115(112) スターズオンアース
2着 113(106) スタニングローズ  1 1/4
3着 111(111) ナミュール     1 1/4
4着 109(109) ピンハイ       1
5着 109(107) プレサージュリフト  クビ
※カッコ内はプレレーティング

過去10年の勝ち馬のレーティングは以下の通りです。
2021年 113 ユーバーレーベン
2020年 113 デアリングタクト
2019年 114 ラヴズオンリーユー
2018年 115 アーモンドアイ
2017年 115 ソウルスターリング
2016年 112 シンハライト
2015年 112 ミッキークイーン
2014年 112 ヌーヴォレコルト
2013年 111 メイショウマンボ
2012年 115 ジェンティルドンナ

全馬予想通りでした。ナミュールとピンハイ、アートハウス(105)はプレレーティングと一致しています。

115はジェンティルドンナソウルスターリング、アーモンドアイと並んでオークス史上最高となる高い評価です。

桜花賞は着差が非常に小さかったため112と低い評価となりましたが、オークスは二冠となりましたしそこそこ着差をつけたので、一転して高い評価となりました。

スタニングローズの113も、デアリングタクトやユーバーレーベンと同じなので高い数値です。

スターズオンアースが順当に三冠を達成するのか、他馬が待ったをかけるのか、今から秋華賞が楽しみです。